同じ親から生まれたのに息子と娘が違いすぎ!遺伝子って何?生化学って神秘的

不登校

こんにちは!ぽちママです。

昨日娘が代表委員(生徒会役員みたいなもの)になった認定証をもらってきました。
ついでに分団長の認定証も。
どこまで行っても優等生キャラの娘です。

私は小学生の時に宿題をしたことが5回くらいしかありませんが、娘は宿題をきっちりやります。
なんなら自主勉強もどんどんやります。
それが終わると翌日の持ち物の準備をして、翌日に着る洋服も机の上にきれいに畳んで準備してあります。
それが終わると筋トレやストレッチをやり、プロテインを飲み、マッサージをしながらのんびりしています。
(金曜日だけは家に帰ったら自由モードで宿題もやりませんが)

一方息子はコアラ並の活動量で、半径5m以内が生活圏です。
頭の中は動いているときもあるようですが、傍から見ていると運動力は極端に少なく、余り変化のない生活を送っています。
基本的に部屋着で過ごすので、着替えはお風呂の後1回のみ。
お昼ごはんも食べたり食べなかったり。
勉強は15分したら多い方ってくらいやりません。
もちろんこれは客観的な息子の生活です。

そんな娘は保育園のときからしっかり者でみんなを取り纏める役割でした。
息子は保育園のときからマイペースで、みんなと遊ぶより一人で絵を描いている方が好きなタイプでした。

小学校に入学してもそれは変わらず、2人とも同じような感じで育っています。
気質、個性の違いがハッキリと分かれているのを見ていると、もはや人智を超えた何かを感じるし、人智を超えている以上、なるようにしかならないんだろうと思います。

何かをどうかしたところで、この生まれながらのものに変化を起こすことは私にはまず出来ないんだろうと。

気質ってなんだろう。
性格ってなんだろう。

気質は生まれながらのもの。
性格はその気質に環境の影響をうけたもの。

そう何かで読んだことがあります。

なので気質は変えることが出来ないけど、性格は変わることがある、と。

でもじゃあ「気質」って何で決まってるの?と思うんです。
遺伝のスイッチON OFFで決まっているの?って。

遺伝子のどの部分がONでどの部分がOFFか。
それも何かの刺激で切り替わったりしないのかって。

人間は99.9%以上、遺伝子が同じだそうです。
その残り僅かな違いで見た目も気質も全然違うそうです。

こんなことを書きながら、私は人智を超えた生化学の神秘さに心を奪われるオタクです 笑。
息子と娘を見ていると、こういう遺伝的なこと、外的環境の刺激による影響などが気になるんです。

なので息子に対しても娘に対しても、良いとか悪いとか思わないんです。
ただ気になるのは持って生まれた気質を抱え、本人が楽しく生きれること。
人智を超えた生化学の神秘を感じつつ、その行く末を見てみたい、そう思って止みません。

コメント