息子が卒業文集の下書きを書いたよ!

不登校

こんにちは!ポチママです。

息子、卒業文集の下書きを書きました〜!パチパチ

前回のブログでも書きましたが、どうも息子は夜中にふと書き始めるようで、今回も夜中徹夜して書き上げました。

もう文集のことは口に出さないでおこうと決意していた私ですが、ごめんなさい、1回だけ口に出してしまいました・・・。

「もう1月終わっちゃうよ?」と。

一応1月中に文集の下書きはやろうね、と言っていたので26日に気になって言っちゃったんですよね。

そしたら息子「分かってる!」と。

ほんまかいなと思っていたら、28日の夜中に書き上げ、そして29日に旦那さんが学校まで届けてくれました。

文集を書き上げてホッとしたのか息子の表情は穏やか。
本当に書けてよかった。

でもね、こう考える人はいると思うんです。

「そんなんじゃ社会に出てから仕事にならんよ、もっとサクサク進めないとね。」と

確かにそう思います。
仕事でこれじゃあ仕事無くなっちゃいますよね、信用されないし。

だけど今はこれで良い、と私は思っています。

正直な話、もう2年以上ほとんど字さえ書いていないんです。
S高等学校を受けるときに作文を書いたくらいで・・・。
病院の問診票さえたどたどしい字で書いてます。

その息子が500字ほどの文字で卒業文集の下書きをした、それだけでも凄いこと。

10年後の心配を今してもどうにもならないですもんね。
今は今できることを一つずつ積み上げればいい。

息子は卒業アルバムは購入しなかったけど、卒業文集はきっともらえるはず。
その文集が、息子の中学校の記憶を良いものにしてくれることを、
今はただただ願うばかりです。

コメント