息子が1回目の作文を書いたよ!

不登校

こんにちは!ぽちママです。

日曜日、お出かけから帰ってきた私が息子の机の上を見ると・・・

な!なんと!作文が書いてあるではないですか!?

おぉ!息子よ、頑張った頑張った!
その場ですぐにでも話しかけたかったけど、グッと堪えて息子から言ってくるのを待つことにしました。
だってもしかしたらまだ完成してないかもしれないし、理由があって私たちに伝えてないのかもしれない。
早まってはいけない。

そして日曜日の夕食後、息子が突然
「あ!そう言えばずっと言うの忘れてたんだけどさ、作文書いたよ。」
「ずっとじゃないか。昨日の夜中に書いたの。静かだったから集中できるかなと思って書いた。」と。

どうも土曜日から日曜日にかけて少ししか寝ていなかった息子は、ずっとマイクラをやっていたのではなく、夜中の静寂の中で集中して作文を書いていたというのです。

まさかの夜中作業。
分からなくもないけど、なんとなく息子がこういうことをやるのは平日昼間だと思っていたのでちょっと驚きました。

先生と前回お会いした時から既に2週間弱。
その間に先生からは3回ほど進捗確認が有りました。
修学旅行前&進路指導が始まっている最中にも関わらず、常に心を砕いてくださり、本当に有り難い。

流石に取りに来ていただくのは申し訳ないので、夫にお願いして学校まで届けてもらいました。

実は学校に届ける前、夫と二人でこっそりと盗み読み(笑
そして夫と二人で目をウルウルさせてしまいました。
(多分私のブログを読んでくださる方はご存知だと思いますが、夫と私はすぐ泣くんです)

作文にはN高に入りたい理由が書かれていました。
プログラミングをやりたい理由、プログラミングをやっていて思うこと、プログラミング関連について気軽に質問できる人が欲しいことなど。

今のところN高の体験授業も説明会も、すべて息子にとってはワクワクする内容ばかり。
中学校ではほとんど何も学べなかったけど、高校ではその分沢山のワクワクをもって学んで欲しい。
N高が期待通り、息子にとってワクワク出来る環境でありますように。

コメント