甘いものの食べ過ぎは万病の元かも。。。夫の健康診断の結果が悪すぎ絶句

分子栄養学

こんにちは!ぽちママです。

先日夫が健康診断を受けてきました。
まだ詳細は届いていないものの、結果は相当悪いと予想されるとのこと。

今年の2月から栄養改善を始めて9ヶ月が経った今回の夫の健康診断。
どれくらい改善されているかと実は期待に胸を膨らましていたんです、私。
でも結果をもらうまでもなく、夫はその健康診断中に保健指導行きになりました。
あまりにも数値が悪すぎるという理由で。

そんな夫、保健指導で目標を立てされたれたんだとか。

夫が立てた目標は、

  • 甘いものは1日1回まで
  • 筋トレは週に5回

だそうです。

甘いものは1日に1回までって、今まで何回食べてたのかしら、夫さま。
筋トレを週に5回って、本当にやれるのかしら、夫さま。

あんなにタンパク質を摂取し、ビタミンやミネラルにも気をつけていたのに、甘いものを食べていると本当に台無しなんだなぁと今回実感しました。

細かい数字は結果が出たらご報告しますが、とにかくその保健指導で言われたのが「常に食べているから肝臓が休む暇なく働かされている」だそうです。

少しでも空腹を感じると甘いものに手が出ちゃうんですよね、夫。
(あんなにタンパク質もプロテインも摂っているのに)
仕事が忙しくなってきてストレスが溜まると食べちゃう。
しかも在宅でできる仕事だから食べたい放題。

糖分は栄養泥棒と言われるだけあって、糖分を代謝するためにビタミンはどんどん消費されてしまい、本来ビタミンを必要としているところにまでビタミンが行き渡らないという結果をもたらしてしまいます。

今回の結果には本人もかなりがっかりしているようです。
栄養を改善していたからもっと良い数値を夫も期待していたみたい。

あ!でも良い意味でびっくりしたことが一つ。

それは筋力がアップしていたこと。

握力が右も左もかなり強くなったそうです。
夫は昔、左手を大怪我してから左手の握力が余りなかったんです。
それが今回めちゃめちゃ数値が良くなった、と。
もちろん右の握力も少し上がったけど、左はもっと上がった、と。

もしかしたらタンパク質とビタミンで、その大怪我の後遺症が少しずつ機能回復しているんじゃないかと思いました。
48歳にして握力が上がるって本当に凄い。

これで当分摂取が減れば、もっと機能が回復するかも知れない!
栄養改善、バンザイ!

コメント