祝!卒業

不登校

こんにちは!ぽちママです。

お久しぶりです。

色々あってなかなかブログの更新が出来ませんでしたが皆様お元気でしたでしょうか。

我が家は娘の不登校、夫の頚椎ヘルニアで家族が大変でしたが、息子は至って安定しておりました。
私はアドレナリン全開で頑張ってましたよ〜。

娘の不登校、夫の頚椎ヘルニアはまた改めてブログに書くとして、今日は息子の卒業について書きたいと思います。

息子の卒業式。
もちろん全体での卒業式はパスした息子。
ですが息子のような不登校生徒のため、午後は特別な卒業式を学校が準備してくれていました。

こちらが希望した時間に学校に着くと早速担任の先生のお出迎え。
すぐに控室で証書受け取りの練習。
そして案内されて応接室へ。

入るとびっくり!
息子の席、その後ろに保護者の席が準備され、先生方が沢山集まってくれていました。
開式の言葉、一同礼に始まり、先程練習したばかりの卒業証書授与、そして閉式の言葉、退場。
一人だけの卒業式なのであっという間に終わりましたが、学校からのお気持ちがとても嬉しく感じました。

その後また控室に戻り、担任の先生と少しだけお話。
息子の高校生活についてや息子の夢について、そして今後は自己コントロールして単位を取得していくこと、それについて息子が思っていることなど。
たどたどしい言葉ながら息子なりに先生との最後の会話を一生懸命こなしているように見えました。

最後に校門のところで息子と夫と私で写真撮影。
そしてもちろん息子と担任の先生と写真撮影。

結局卒業アルバムを購入しなかった我が家にとって、中学生活の息子の写真は入学式と卒業式だけ。
でも最後の写真はなんとなく晴れ晴れとした写真になったような気がします。

小6の2月に立てなくなり、
中学校入学式の5日前に松葉杖で歩けるようになり、
中1の夏休みに松葉杖なしであるけるようになった息子。

そして中1の10月から学校に行くことをやめ、
中2の1学期末から一人で通知表をもらいに行けるようになり、
卒業アルバムの写真撮影で制服を着ることができるようになり、
そして締めくくりの卒業式。

その間に夫と私の人生観、価値観が変化し、子育てにも大きく影響しました。
周囲から見ていてもわからない内面的な変化が我が家には沢山ありました。

いよいよ来月からは高校生。
これからは自分からしっかりと将来に向けた学びをしてほしい、そう願います。

コメント