繊細っ子の子育てに必要なのは「安心」

HSC

こんにちは!ぽちママです。

うちの息子は色々な意味で微妙な子。
ただ間違いなくHSC、これだけは断言できる。

だから子育ては本当に大変だった。
とにかくすべてが他の子と違うのに、その子たちと同じ行動を取らせなくてはならないから。

絵の書いてある食器が使えない。
保育園で指定されているスモックや体操服が着れない。
サイズ合わせでの一瞬、ほんの一瞬でも着れない。
集団で遊べない、ルールが分からない。
言葉が出ない。
他の子に意地悪できる子の神経が理解できないし、そういう子の事が怖くて不安になる。

でもこの世の中は集団生活。
だから少しでも早く集団生活に慣れるように、その息子の拘りを捨てさせなければならない。
言葉が出るようにしなければならない。
みんなと同じことが出来るようにならないければならない。
なんでも食べられなければならない。
誰かに何かを言われたら言い返せるようにならなければならない。

とにかく強くしなければ。

そんなことばっかり考えて必死になって育ててた。

いやぁ、もう疲れた。
無駄な努力してたと思う。

私も息子もずっと息切れしながら生きてたと思う。
だって繊細さんに図太くなれ、とか、拘り捨てろ、とか。
そんなの無理だもんね。

そもそもこれって自分の気質を全部否定されているようなもの。
これじゃ自信喪失するし、自己肯定感も育たない。

今だからわかるんだけど、HSCさん(繊細さん)の子育てって愛情だけでは足りない。
愛情にプラスして安心が必要。
しかもでっかい安心が必要。

一日の最後に抱きしめるとかじゃ全然足りない。
常に大丈夫だよ、出来なくても大丈夫なんだよ、大した問題じゃないよって言い続けてあげることが大切。
お母さんはそのままのあなたが大好きって伝え続けることが大切。

上手に洗顔歯磨きが出来なくても、先生の言っていることが理解できなくても、ぼーっとする時間が長くても、決まった制服が着れなくても、集団行動が苦手でも、疲れやすくても。
勉強ができなくても、授業中に手を挙げられなくても、大きな声で発表できなくても。

笑って受け止めて「大丈夫大丈夫」って伝えてあげることが大切。

周りと同じであろうとするから子育てが辛くなる。
繊細さんは繊細さんなりの自主性がある。

繊細さんである息子の話は更に次に続くよ。
絶対に言っておきたいことがある!

コメント

  1. […] 前編はこちら […]