色々と考えすぎると不安になるから笑っとこ、と思う話

不登校

こんにちは!ぽちママです。

無事にS高等学校への進学を決めた息子。
落ちるわけ無いと思っていても、やっぱり本人も私達家族も安心しました。

でもそれも束の間。

「ネット授業は自己管理がすべて。本当に一人で授業受けてレポートやって単位取れるの?」
「スクーリング行けるの?」
「友達できるかな。」
「登校型みたいに管理してもらわなくても学力身につくかな。」

という不安がよぎります。
だって今までずっと家に居て、勉強を継続することが出来なかったから。

先のことなんて考えても分からないことだらけなのに、どうしても考えてしまって一人で空回りしてはオロオロしてしまう。

でも分かってる。
これは息子の人生だって。
まだ14年しか生きていないし、狭い世界しか知らない息子の可能性はまだ決まっていないって。

今まで義務教育でしか生きてこなかった息子が、自分の選んだ世界に歩みだし、その世界で自分なりに折り合いをつけながら、納得しながら、挫折も味わいながら、敗北感も味わいながら、それでも一歩ずつ進んでくれれば、今までとは絶対に違う世界になる。

だから私は息子と適度な距離を保ちながら過ごすのが一番。
できれば親は脳天気なくらいに笑っている方が良いよね、きっと。

レポートの進み具合にしても、卒業後の進路にしても、もうきっと私の手には負えないもん。

息子が自分で選んで飛び込んだ世界でどう生きていくかは結局は息子次第。

もし状況が悪くなれば、きっと息子が「どうしよう…」ってなる。
だから母親である私ぐらいはなんとかなるよって笑っとこ。

友達とか仲間だってきっといつかできる。
今まで出会った人はまだまだすごく狭い範囲の人だけだもん。

これからどんどん息子は世界を広げていくんだから、きっとなんとかなる!

コメント