2020-08

不登校

不登校の親子を追い込むのは一般論

我が家の場合、一般論は役に立ちません。一般論は統計学。多くの人がそこに当てはまるかもしれないけど100パーセントではありません。私が欲しいのは一般論ではなくむしろレアケース。レアケースを自分の中に蓄積していけば何かの突破口になることもあります。
不登校

「息子が学校を休むこと」を夫に認めさせた鶴の一声

不登校になった当初、息子に登校圧力をかけていたのは夫。その夫が登校圧力をやめたのは教師である自分の兄からの一言。「心が限界まで疲れてるんだから休ませてやれ。」あの一言が息子も、そして私たちも救ってくれた。義兄に改めて感謝を伝えたい。
不登校

N高入試に向けた活動を始めるよ

N高入試に向け、作文と面接の練習をすることになりました。先生から励ましの言葉をもらった息子に原稿用紙を手渡したのが昨日。さてさて、息子はいつ作文を書くでしょう。ゆっくりと見守りたいと思います。
不登校

卒業アルバムの撮影で久しぶりの制服姿で学校に

卒業アルバムの写真撮影のため、不登校になって以来初の制服姿で学校に行きました。ちゃちゃっと撮影は終了し、生徒が全員帰ったことを確認して教室へ。そして先生の勧めで自席に座った息子。息子の戸惑いは私の戸惑い。回復のための2年間だった。でも学校に来ると「失われた2年間」に感じる。
分子栄養学

コレステロールについて学んでみた③ 〜私の実数値〜

卵を1日に3〜4個食べ、更にプロテインまで飲んでいた私の健康死んだ結果はどう出るか?過去にさかのぼって確認してみました。
不登校

N高のプログラミングのオンライン説明会にでたよ〜不登校編〜

今回は不登校の親の心配事である勉強について。やはり説明会でN高の方々も言っていました。中学の勉強は最低限必要だと。特に数学英語国語。数学英語は理解をした上で積み重ねが必要な勉強で、プログラミングをやっていくには必須。それを踏まえ私が考える息子に対して出来ることをまとめました。
不登校

N高のプログラミングのオンライン説明会にでたよ〜後半〜

最後はプログラミングクラスについて。東京代々木と大阪江坂にしかないプログラミングクラスはガッツリ週5通学のプログラミングクラス。来春には名古屋にもテックフォードアカデミーという提携スクールが出来て、そこでガッツリプログラミングが出来るそうです。
不登校

N高のプログラミングのオンライン説明会にでたよ〜前半〜

N高のオンライン説明会レポート。今回はプログラミングについて。結論、楽しかった!息子も楽しんでた!早くN高行きたい!そう思える内容でした。
不登校

「就職のための学歴」について楽天家の私が考えること

夫と私はロスジェネ世代。大卒なら大企業に入れる。大企業に入れば一生安泰で幸せ、そう言われたのに就職氷河期ど真ん中。でも本当なそうなることなど計算すれば分かっていたこと。それを踏まえてあと10年語を考えると、深刻な人手不足間違いなし!学歴なんて無くても生きていくにはどうにかなる!
不登校

「連絡は僕にしてください」としっかりとした口調で先生に伝えた息子

家庭訪問で卒業アルバムの話をした息子。そのあとは進路の話。N高を希望しており作文の練習が必要なこと、作文のお題が過去に何が出たのかを知りたいことを伝えました。先生は快く引き受けてくださり、今後の連絡先について息子と私、どちらにすればいいかを確認。その時の息子の返事が・・・