2020-10

不登校

S高受験のための調査票が学校から届いたよ

学校から届いた調査票。あとはこちらで差出人を書いて封をしてポストに投函するだけ。たったそれだけなんだけど色々と出来ないことが沢山。一番ビックリしたのが糊の繰り出し方を息子が忘れていたこと。ま、1回やれば思い出す。焦らないでおこう。
分子栄養学

「足の爪揉み」で朝起きた時の足が痛くない!足底筋膜炎?

この何年も続いていた朝起きた時の足の痛み。地面に着地すると足の裏と甲が痛むため、起き抜けの10歩くらいはいつも静かにゆっくりと歩いていました。調べるとそれはおそらく「足底筋膜炎」。足の裏の靭帯の炎症です。でも最近この痛みを感じていないことに気が付きました。多分それは「爪」です。
分子栄養学

クエン酸をどんどん飲むようにしたら疲れにくいことを実感したよ

先週の火曜日は疲労と頭痛でダウンした私。水曜日からクエン酸水をお昼の時間帯も積極的に飲むようにしました。朝起き抜けにコップ1杯、お昼に500ml、お風呂上がりにもコップ1杯。すると一気に疲労感が減少!
不登校

息子の身体、歪んでない?本気で整体に行きたいと思っている話

毎日の生活で身体が歪んでいる息子。まっすぐ立っても方の高さが全然揃いません。そこで教えてもらったのが整体。なんと体の歪みを取るだけではなく、脳と神経をリセットして自律神経を整える整体も有るんだそうです。早速近くで検索中。良いところが見つかりますように。
不登校

コロナで小学校最後の運動会が中止になった娘。その代わりに…

コロナ禍で中止になった娘の小学校最後の運動会。その代わりに用意された行事は、練習なし、当日一発勝負、子どもたちが主体となって運営するクラス対抗オリンピック。内容も遊び色の強いものが多く、聞いているだけでこちらもワクワクする内容。一糸乱れぬ行進より、こっちの方が百万倍素敵。
不登校

あんなにくっついてきたのに…思春期の子どもは冷たい(涙)

思春期の子どもって冷たいですよね。私のこと、家政婦だと思ってるんじゃない?なんてお母さんは本当に多いと思います。実際家政婦だと思ってるでしょうね。母親は家の中の細かな家事をする存在だと思ってると思います。機嫌よく働いてくれる家政婦、これを演じるしかないですね。
不登校

早くS高(N高)に合格してN予備校を使えるようになりますように!

息子は昼間の時間が暇。だからいつも昼間で寝ています。元気にはなったけど学校には行きたくない。ゲームのために早起きもしなくなり、まるで不登校の7段階を下がったり上がったりしているような状況です。そんな状況を打破すべく私が期待しているのはN予備校アプリです。
不登校

我が家のハードル低すぎるのかなと思うことはたまにある

学校に行けた話、修学旅行に行けた話などを聞いていると1日たりとも学校に行っていない息子について「あれ?なんで息子は学校行こうとしないの?中3だよ?」などと思ってしまい、我が家はハードル低すぎるのか?と考えてしまう。でも注意してみているとわかる。息子は実は出来る範囲で頑張っているということを。
不登校

適した環境でなければ植物が育たないように、人間だって適した環境が必要

植物には様々な種類があり、それぞれに適した環境がある。人間にも様々な気質があるのだから育つにも学ぶにもそれぞれ適した環境があるはず。それなのに人間は皆んなが同じ環境に適合することを強要される。一番雑に扱われているのって、もしかして人間なんじゃないのだろうか。
不登校

休み癖とか気にせず、限界に来る前に適度に休もう

疲れたら休む、これ基本です。休み癖とかなんて関係ない。疲れたら休むんです。子どもだけじゃなく、お母さんも、お父さんも。一旦立ち止まって大丈夫。また歩こうと思えるから。