工作好きからマイクラ好きに。ゲーム依存じゃないよ 〜中学不登校の息子〜

こんにちは!ぽちママです

息子はマイクラ大好きです
昔は工作と絵を描くことが大好きでした

マイクラって確かにゲームだけど、色々作ることができるし、
自分だけのスキン作ることできるし、自分だけのワールド作ったり
コード書いたり・・・。

息子にしたら絵を描いたり工作したりする続きだったんだと思う。

ひたすら工作してても「工作依存症」とは言われないと思う。
ゲームだから悪者扱いなんだと思う。

でもきっと脳内でドーパミン出てるの一緒でしょ?

確かにゲーム依存症の人っているんだろうと思うけど、
私はその人の背景が気になるな、そこに至るまでの。

確かに不登校の子ってゲーム依存になっていることが多いかもしれない。
でも不登校になる子はそもそも繊細な子が多くて、ゲームをすることで
嫌なことを忘れてリフレッシュして、なんとか心を保っている子もいると思う。

その子たちに必要なものって、ゲームをさせないようにする事ではなく
ゲーム時間などのルールを守らせることでもなく、我慢強さを鍛えることでもなく、
その子たちがもっと学びやすい環境を整えてあげることなんじゃないかな。
集団生活でコミュニケーションを学ぶことは大切かもしれないけど
明らかに荒れてるクラスや学校じゃ落ち着いて過ごせない。
大人だってパワハラばかりの会社だったら続かない。

毎日笑顔で、健やかに過ごしたいって普通に思う。
子供だって親や周囲の人に認められながら自分を高めていきたいって思う。

でもそれが出来なくて、あまりにも普段の生活が苦しすぎて
ゲーム依存になったり、不登校になったり、家庭内で荒れちゃったり。

たまたまゲームが好きな子がゲームをしているだけなのに
勉強ができないことや、部活をいまいち頑張れないことや、
学校行事を頑張れないことを周囲の大人がゲームのせいにしてしまったら
ゲームを好きな本人を否定していることと同じ。

話は戻って、息子は創造性をマイクラに向けてる。
たまたまゲームで創造性や創作意欲を満たし、プログラミングの考え方も学んでる。

好きなことにとことんのめり込むことで未来に繋がる。
本当に好きじゃなかったらいつか飽きるしね
飽きたら飽きた、別の何かを見つけるだけ

コメント