今年最後のマイクラ教室 〜大変革の2019年〜

こんばんは!ぽちママです。

昨日は仕事納めで今日から年末年始の連休に入りました

今日は息子のマイクラ教室、今年最後の日。
今日の教室のために、生徒さんと一緒にプレイするためのミニゲームを作っておいたそうです。

早く生徒さんに遊んでもらいたい!
その気持ちから、今日はいつもよりも早く行きたいと2時間近く前に出発しました。
行きは主人の運転する車の助手席。
玄関前で見送る私に満面の笑みで手を振ってくれました
可愛かったぁ。
小学生の頃を思い出すような笑顔でした。
息子の今日の気持ちがそのまま現れてる表情、とても晴れやかな表情でした。

そして午前の授業、午後の授業が終わり、息子からお迎えコール。
迎えは私が車で。
迎えに行くとまたまた機嫌良さそうな息子がいました
他の先生たちとUnityについての来年の話を少しして、そして最後に年末のご挨拶。

「良いお年を」

一年前、この方々と出会った頃の息子はそれこそ真っ暗なトンネルの中、右も左もわからず
出口があるのかないのかさえ分からないような状況でした。

本当に苦しくて苦しくて、、、
私たちもどうすれば息子の心が軽くなるのか、どうすれば学校に戻せるのか、
なぜ学校に行けなくなってしまったのか、原因はなんなのか、どうすれば原因を取り除けるか、
そればかりを考えていました。

そんな年末でした。

そして今年の年末は、どうやって生き生きとした息子のまま社会に送り出すか、
そんなことを考えています。

4月になると息子は中学3年生。
中学卒業後の進路を真剣に考えないといけない時期に来ました。

1年前の息子であれば私は不安しかありませんでした。
でも今は、不安を抱えるという感覚よりも、どうすれば社会にこのままの息子を送り出せるか?
そんな思考に変化しました。

この1年間で何が一番変わったか、それは私たち親の考え方、価値観です。
そして息子に現れた変化で相乗効果が生まれ、息子はさらに飛躍しました。

不安がないわけではありません。
まだまだ何も確証もありません。
ただ、比べるべきは他人ではなく、過去の自分たち。

大きく成長した1年でした。

明日は主人の実家へ年末のご挨拶。
笑顔の戻った息子を早く見てもらいものです

コメント