息子の歯磨きの歴史 〜衛生面はメンタルと同調〜

こんにちは!ぽちママです

我が家は息子以外、とことん歯磨きをする家族です。
不登校児あるあるですが、息子も歯磨きと洗顔はなかなか難しかったです。
以前はお風呂も気が進まず、毎日やっとの思いで入らせていました。

その息子が最近ようやく1日に1回は歯磨きをするようになってきました。

それこそ全く歯磨きをしない時期もありました。
歯茎や歯に白いものがべったり張り付いていて、息子の口元ばかり見ていた日もありました。
どうしても我慢できず息子に頼み込んで仕上げ磨きをやらせてもらうと
私が息子の歯に歯ブラシを当てるだけで大量出血。
本当にちょっと当てるだけで出血がひどく、息子も相当痛がっていました。

そんな時、3ヶ月ごとに通っていた歯医者さんから口内の衛生状態について
非常に心配な状態だと言われました。
出血もひどく、汚れもひどく、軽く磨いただけでは汚れも取れない状態。
顎顔面矯正を小学2年生からやっていた息子はずっとその歯医者さんでお世話になっていて
先生は昔から息子の口内を把握してくれています。
そして1年ほど前の口内の写真と、現在の口内の写真を印刷して渡してくれました。
それを見た息子、絶句・・・。

とは言え、私たちが口うるさく言うと息子はまた疲弊してしまいます。
それを歯医者さんに相談したところ、1ヶ月に1回のペースで息子だけ診てくれるとのこと。
家ではなるべく歯磨きについては言わず1ヶ月に1回の歯医者さんで優しく指導。
正直、その時期に息子が歯磨きをしているのかどうかは分かりませんでした。
本人に聞くと、寝る前にしているとのこと。
「本当に?」「丁寧にやってるの?」「どら見せてみて!」そう言いたくなる衝動をグッとこらえ、息子を信じて待ちました。

そして病院に通うこと3回目、かなり綺麗になったと先生から嬉しいお言葉
歯磨き中の出血も減り痛みもかなり和らいだようで、少しずつ歯磨きに対する気持ちも変わったようです。

今はお風呂の中で湯船に浸かりながら、のんび〜り磨いています。

息子本人の元気が少し溜まった頃に歯医者さんに協力を得られたこと、
絶好のタイミングだったような気がします。
そして歯医者さんも優しい先生で、穏やかな口調でお話ししてくれるのも良かったと思います。

思春期になると親だけで子どもを導くことは難しい。
穏やかな第3者に頼ることって本当に大切だなぁと思いました。

あ!でもクタクタに疲れている時などは歯磨きできないこともあります。
そんな時もある、そう思って今でも見守ることに徹しています。
ちなみに朝の洗顔は全くしてないもようです!

ランキングに参加しています。
ポチッとしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント