HSC息子は小さい時から慎重派 〜家の外は危険がいっぱい〜

こんにちは!ぽちママです

息子は幼い時からとにかく慎重派。
買い物で子どもを追いかけるなんて経験、一度もしたことのない私。
そういう話を聞くと大変だなぁと思うよりもむしろ羨ましいとさえ思ってしまう。
(大変な思いをしているお母さんお父さんには御免なさい)

1歳過ぎで歩けるようになったとき、息子は最初家の中でしか歩かなかった。
少し慣れてきてからはスーパーのような屋内では歩くようになった。
もう少し慣れてからは保育園の園庭では歩くようになった。
最終的に外の道路で歩くようになるまでは半年近くかかった。

アレルギー外来で負荷試験をしていた時の待機時間、息子はずっとベビーカーの中で時が過ぎるのを待っていた。
周りのお母さんたちからは「大人しくて羨ましい」っていつも言われてたけど、私は息子のその状況に違和感しかなかった。
その時の息子の表情を思い返してみると、それは周囲に対しての不安感。

冒頭にも書いたこと、息子が幼い時に私は買い物中、息子を追いかけたことは一度もない。
だって息子は私のそばから絶対に離れないから。
妹が生まれ、その妹がちょこちょこと動き回るようになると息子はいつも妹の動きに注意して、常に私のそばにいるよう妹に話していた。
息子の気を配る範囲が自分だけではなく、妹にも及んでいたことは明らか。

HSCの息子は何をするにつけても不安が大きいのだと思う。
だから不安材料が取り除かれるまでは行動しないし、ましてや軽率な行動もしない。

今息子は好きなことで外出する機会が増えている。
最初こそ息子は1人での外出に不安顔。
だからこそスマホを持たせ、Googleマップの使い方を教え、起点となる駅を教え、どんなことがあっても家には帰ってこれるという安心感を持たせて背中を押した。
乗り間違えても乗り遅れても、目的地には到達出来るし、家に帰れることもわかった息子は外出する不安がなくなった。

人間関係も、今少しずつ安心感を持ちながら広げている。
信頼できる人を増やしながら、初めての人と接していく。

少しずつ、少しずつ、一歩一歩。

ランキングに参加しています。
ポチッとしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント