息子の睡眠の質を上げるためにブルーライトをカットした話

こんにちは!ぽちママです

我が家では最近少しずつ息子の昼夜逆転が治りつつあります。
以前はゲーム(マイクラ)にかじり付き、お風呂も食事も睡眠時間も全くコントロール出来ない状態でしたが今は本人自ら、夜は寝るという生活に落ち着きつつあります。

ただ、寝つきが悪い。
12時前に寝ようとしても寝付くのはそこから1時間〜2時間後。
そのため朝はいつも辛そうです。

その原因がどこにあるかは明確には分からないのですが、一つだけ気になることがあります。
それは寝付くときにiPadで音楽を聞いていること。

私がそうなのですが「無音」の中の音がストレスになる時があります。
「無音」になると体内の音が聞こえたり、耳鳴りのような周波数の音が聞こえたり。
時々そういう「無音」の中の音がとても気になって眠れなくなります。

なので息子が音楽を聞くことを止めようとは考えていません。
ただやはり気になるのが音楽を選曲しているときにiPadからブルーライトを浴びてしまうこと。
網膜が強いブルーライトの刺激を受けると、脳は「朝だ」と判断し、メラトニンという睡眠を司るホルモンの分泌が抑制され覚醒してしまうそうです。

そこで夕方からはなるべくブルーライトを浴びないよう、スマホとiPadに[Night Shift]という設定をすることを提案。
使用を制限しているわけではないので、息子は難なく受け入れてくれました。
むしろ「それはやったほうが良いね!」と本人自ら設定を変更。

ちなみに私のiPhoneですと設定はこちらです。
[設定]→[画面表示と明るさ]→[Night Shift]→[時間指定]
これで何時から何時という具合で設定できます。
我が家は18:00〜7:00で[Night Shift]を設定しました。
ブルーライトは日光にも含まれているものなので、お昼は浴びて当然の光だと思います。
そこから考えて日没の時間から翌朝までの設定がちょうど良いかなと思いました。

さてさてこれで寝つきが変わってくるのか。
しばらく様子を見ることにします。

ランキングに参加しています。
ポチッとしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント