昼夜逆転やゲーム三昧に対して感じる親の不安について

こんにちは!ぽちママです

不登校の子どもにありがちな昼夜逆転やゲーム三昧について、親はどうしたらいいか、あくまで私の考えを書きたいと思います。
息子にも昼夜逆転、ゲーム三昧がありました。
最初の頃は本当にこれが不安でどうしようなく、イライラが止まらなかった私。
学校に行かないことは認める、今はもう無理なんだと理解。
でも昼夜逆転やゲーム三昧はそれとは違う。そう思いました。

不登校になった当初は、早く学校に戻さないと勉強も遅れるし、本人も戻りづらくなる。なるべくダメージの少ないうちに学校に戻さないと、そう思っていました。
もしかしたらここを食い止めないと人生転落してしまうかもしれない、学校に戻すためにも一刻も早く昼夜逆転やゲーム三昧を改善させなければ、そう焦りました。
その焦りから「学校に行かなくてもいいから、せめて規則正しい生活はして欲しい」そう息子に何度も話してみましたが息子は苦しそうな表情を浮かべるばかり・・・。
苦しそうな息子をみて私の不安も増すばかりでした。

そこで私、考え方を変えました。
昼夜逆転やゲーム三昧については「一旦横へ置いておく」。

私が不安に感じることで改善するなら良いですが、むしろ悪い方にしか進まない、そう考えたからです。
だったらその問題と不安は一旦横へ置いておいておこうと。
それよりも息子にどう寄り添うかを考え、息子の世界に飛び込む勉強をしようと思いました。
そうすると不思議なくらい私の気持ちが穏やかになり、息子の笑顔も増えていきました。

昼夜逆転もゲーム三昧もひたすらダラダラする時間も私にはどうすることも出来ません。
だからそれは一旦横へ置いて、そこではないところに着目。
昼夜逆転なら起きている時の寄り添い方を、起きている時の息子の良いところ探しを。
ゲーム三昧なら息子と同じ目線でゲームを見つめ、興味を示しているポイントを探したり。

昼夜逆転もゲーム三昧も親の問題ではなく息子の問題。
そこに注目して親が不安を感じても何も解決しません。
むしろ不登校になる子は繊細な子が多いので親の不安を感じ取り、さらに本人の中の問題を大きくしてしまうことになりかねません。
だったら一旦横へ置いてしまいましょう。
その方が親もずっと楽になると思います。

ランキングに参加しています。
ポチッとしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント