私が笑顔になれない日は息子の好物を準備!いつも完璧は無理

こんにちは!ぽちママです

少しずつ寄り添いが出来るようになってきた私ですが、もちろん精神的に不安定になることもあります。
息子の前では笑顔でいたいのにどうしても心からの笑顔になれない私を何度も何度も経験しました。
きっとこれからも経験すると思います。

息子はすごく繊細です。
だからそれが自分のせいだと思い、戸惑いの表情を浮かべることもあります。
もちろん全てが息子のことを思い悩んでということではありません。
仕事で疲れていたり何となく体の調子が悪かったり色々な要因があります。
でも親も人間です。たまには笑顔でいられないこともあります。

そんな時はとりあえず息子の好きな食べ物を準備します。
何はともあれ息子のことを大切に思っていることを伝えたいから。
動物でいう分配行動に似ているかもしれません、信頼し合うための行動。

なのでどうしても心から笑顔になれないときは息子の好きな食べ物を準備して
「◯◯の好きな△△作ったよー、食べなー」と声かけ。
食べてくれたら「どう?美味しく出来てる?いっぱい食べなー」と声かけ。
食べてくれなくても「あなたの好きなものを作ったよ」と伝われば良いと思っています。

もしかしたら私のエゴかもしれません。
エゴだとしても息子の好きな食べ物を準備出来たということで、私が私自身を肯定できます。
完璧ではなくても少しだけ寄り添えたかな?と。
その自己肯定が私の次の行動に繋がります。
親も人間、常に完璧な対応は不可能です。そんな苦しい時は無理のない範囲で頑張って、少しの頑張りでも良しとします。

そしてそれは息子も一緒。
頑張れる日もあるけど、頑張れない日もある。
でもきっと頑張れない日も本人の中では葛藤や様々な思考を繰り返していると思います。
だからそんな日はとりあえず自分の命を守ってくれれば上出来。
そうすれば明日に繋がる。

親も子も、無理をし過ぎず、息切れしたら休むくらいの気持ちで日々過ごして行きたいですね。

ランキングに参加しています。
ポチッとしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント