息子が食い入るように見た社会人になるための参考動画

こんにちは!ぽちママです

最近、夫と私、そして息子の3人が食い入るように見た動画があります。
それは「まこなり社長」というプログラミングスクールの社長が上げている動画。
ガンガンに攻める感じが好きで、夫につられて私も観るようになった動画の数々。
それを日曜日のお昼ご飯中に観ていると、いつの間にか息子も食い入るように観ていました。
その日の動画はこちら。

【皆知らない】仕事ができない人の「文章の書き方」10選(マコなり社長)

まこなり社長は文章の書き方について厳しいらしく、徹底して部下に指導をするそうです。
そしてどんなに文章を書くことが下手でも1年経てばみんな分かりやすい文章を書けるようになるのだそう。
今回はそんなまこなり社長が文章を書く際に徹底していることを動画にしてくれていました。

内容を抜粋すると、
①並列な情報でない場合は箇条書きにしてはいけない
②主語と述語が対応する文章を書く
③505の法則
④タイトルを読んだだけでその文章の結果がわかるようにする
などなど。

テンポが早いので理解できなかったところを繰り返し再生したり、私たちに質問したりして息子は一生懸命考えながら観ていました。

特に②主語と述語、③505の法則についてはすぐに理解できず繰り返し考えて理解していました。
息子はメンターのような存在の人にメールを送る際、それなりに文章に気をつけて書いているとのこと。
だからこそ自分にとって必要なことだと食い入るように観たのだと思います。
「主語述語ってなんだった?」「段落って何だったっけ?」そんな状態の息子ですが、最後にはきちんと理解して終わりました。

逆にその状況の息子でも必要性を感じ、必死でに取り組めば実践に移せるということ。
学校で作文を書く授業よりもずっと分かりやすく、実になる内容だと思います。

学校に行く価値、学校で授業を受ける価値を見いだせないお子さんには是非オススメです。
生きた文章の書き方、伝え方。
私ももちろん参考になりました。

ランキングに参加しています。
ポチッとしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント