娘は「HSS型HSC」なのかもしれない

こんにちは!ぽちママです

今日は娘の話を。
娘は息子とはタイプが違っていて、それは先生たちが兄妹であることを驚くほどです。
息子は大人しくてハッキリ発言も出来ず、目立つことを避けるタイプ。
それに対し娘は出る杭タイプ。
いわゆる児童会や代表委員なども積極的に参加し、目立つタイプ。

そんな娘ですが、大抵年度が変わったときに身体症状を出します。
新しい先生を警戒し、そしてクラス運営がきちんとなされないかもしれないことも警戒します。
かと思いきや興味だけはあるのでどんどん先生に近づいたり、学級委員や代表委員をやって疲弊したり。
でも警戒心は強いし、冷めた目で状況を見極めようとするので、はしゃげない。
そしていつも冷静な娘は周囲の子からも一目置かれ、なんとなく違和感を感じてしまう。

そんな娘を見ていて最近思ったのはHSS型のHSCなのではないかと。
幼い頃から口が達者で、先生たちにもよく懐き、状況把握も早く、いつも先読みして私が「1」話せば「10」を理解してくれた娘。
でも新年度はいつも体調を崩し、友達とも一線を引き、物事がうまく進まないことをとても嫌い、数年前までは異常なほどに感情のコントロールが苦手でした。

ただこうやって「HSS型HSC」かもしれないと娘をラベリングすることはあくまで私が自分の中で整理しただけのことで、息子にしても娘にしても、どんな子に対しても接し方は一緒だと思っています。

完全不登校の息子も、新年度には身体症状を出しながらも学校に通っている娘も、私がやるべきことは「信じて待つ」のみ。
とにかく好物を作り、話をしてきたときはとことん話を聞き、そして否定も肯定もしない、無理強いをしない。
それだけです。

きっと娘も普段の学校で相当疲れている、休校中の娘を見ていると特にそう思いました。
だから娘についても色々と考えました。
息子も娘も頑張っている。
だから私は子どもたちのサポートを頑張る。
来年は中学生になる娘。
この先はどうなるかわからないけれど、娘にも娘の道がある。
それを肝に銘じて見守ろうと思います。

ランキングに参加しています。
ポチッとしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント