夫が昔見た”悲しい夢”の話 〜転換性障害から2年経った今〜

こんにちは!ぽちママです

昔、夫が見た悲しい夢を何の脈絡もなく思い出しました。
まだまだ息子が幼い時、多分保育園に通っていたころの夢です。

朝起きた夫がとても悲しそうに話してきました。
「夢の中で自分が激昂して◯◯(息子)に暴力を奮ってしまい、後遺症が残るくらいのダメージを与えてしまった。◯◯(息子)はダメージのせいで言葉を発することも出来ず、ただ ”あ〜あ〜” って言ってて・・・。」と。

今まで私にも息子にも娘にも暴力など奮ったことのない夫。
息子の特性の強さにどうにもならない不安を感じていたのかもしれません。

なぜかそのことをさっき急に思い出しました。
息子が転換性障害を発症した時のことと一緒に。

あの朝息子を抱きかかえて1階に下ろしてきた夫は、息子を庭に放り出しました。
(もちろん投げたりはしていませんが。)
庭に出された息子はすぐに立ち上がり、家に入って来ました。
でもその息子に私と夫が二人で怒りの言葉をぶつけ、その直後に息子は立てなくなりました。

なんとか立とうと必死にもがいている息子。
もがいてももがいても立てない息子。

その時の様子が夫の夢に似ている、そう思いました。

ただ思い出しただけです。
そんなこともあったなぁと思い出しただけ。
よくここまで来たなぁと。

あれから様々なことを見直し、不登校を経験して価値観を壊し、視点を変え、個人の気持ちを尊重し、子どもたちが過ごしやすい家庭づくりを目指しました。
私たちの子どもへの接し方は、他の人から見たら子ども優位でただの甘やかしだと思われるかもしれません。
でもそんな風に思われることなどどうでも良いのです。
2年が経ち、随分変化が起きました。
もう一生立てないかもしれない、そう思ったのが随分前に感じます。

ランキングに参加しています。
ポチッとしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント