オンライン授業 〜教師が背中を見せる時〜

こんにちは!ぽちママです。

あちこちでオンライン授業が始まっていますね。
残念なことに私の住む地域ではまだその気配もありません。
実際にオンライン授業が始まっている方々の声を聞いてみると、動画の質の低さ、そして観る側の学ぶ意識の低さがありました。
なんとなく想像はできます。
子どもたちはすでにYouTubeなどでテンポの良い動画に慣れており、目が肥えています。
その目の肥えた子どもたちが昨日今日始めた授業動画に集中できるかといえばかなり難しいと思います。

今回のオンライン授業の方向性は間違いなく世界中で起こる変化。
すでにビジネスの現場ではオンライン講座を受けることなど当たり前になっています。
それをただ学校でもやろうね、ということ。

新しいことが始まる時、必ずそこには拒絶する人が一定数います。
今までのやり方に慣れていた人が新しいことにチャレンジすることは不安もあると思います。
「そんなことをやらなくなって、夏休みを潰せば従来のやり方で継続が可能だ。だから新しいことにチャレンジする必要などない。時間と労力の無駄だ。」と。

おそらく先生方からするとこれは結構大きな変化になり、拒絶される方が多いのではないかと思います。

ですが敢えて先生たちに期待したい。
こういう新しいことにチャレンジする局面に立った時の対応法を子どもたちに見せてほしい。
特に教師は生徒を導く仕事、それを選んだのであれば自分たちの背中を見せるのが教師の役目だと、そう思います。

小中学校の生徒は学校や教師を選べません。
下手な先生にあたったら不幸なのは生徒です。
だからこそ先生たちは常に向上心を持って生徒たちに当たって欲しいし、その向上心をも生徒たちに見せて欲しい。

オンライン授業はアクセスキーさえ持っていれば誰でも受講可能なはずなので先生同士で見ることも可能だと思います。
年齢など関係なく、先生同士が切磋琢磨するチャンスです。
この際校長先生や教頭先生にもどんどん授業をしてほしいと思います。

たまに子どもたちが言っていました。
「今日は校長先生が授業してくれたんだよ!すっごい面白かった!」と。
そういう先生からも学ぶチャンス。
是非、子どもたちに先生たちが学び合う姿勢を見せて欲しい、心からそう思います。

ランキングに参加しています。
ポチッとしてもらえると嬉しいです

にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント