息子が腐っている時は本人が一番苦しい時

こんにちは!ぽちママです

最近息子がダラダラと腐っていような状態の日が続いておりました。
正直なところ気にはなりますが、私はいつも「ま、いっか」で乗り切ります。

基本的に本人がそうなっている時は本人が一番苦しい時だと思います。
原因が何なのかを確かめたい気持ちはありますが、そんな時もあるよね〜、と思うようにしています。
こんな時でも私にできるのは、食事の用意と温かいお風呂のみ。

ついでに言うと、腫れ物に触るようにはしていないつもりです。
普段から注意するところは注意するし、注意しないところは注意しません。
多少言葉遣いが荒くなることがありますが、そこはグッと堪えてスルー。
私もその年頃の時、親に塩対応で悪態をつくこともありました。
親にそれを咎められても素直に自分の態度を改めることなんて出来なかったと思います。

原因を確かめたり、シャキッとしなさいと言いたかったり、悪態を注意したい気持ちは常にあります。
でも息子を自分に置き換えてみると、どれもこれもされて嫌なことばかりなんです。
だから私はいつも通り。

ちなみに今回の息子の状態の原因は、純粋にプログラミングに没頭していたからでした。

それが分かったのは昨日の本人の発言から。
昨日息子が夫に「結構出来たんだよね〜。◯◯とか、◯◯とか、◯◯とか」と。
本人はすごく満足げでした。

いやぁ〜、今回も何も言わず「ま、いっか」でスルーしておいて良かったぁ。
下手に何かを言おうものなら本人の気持ちに水を差しているところでした。
YouTubeを見ていても、ダラダラしていても、ボーッとしていても、息子は考えていたみたいです。
きっと眠りにつこうとしたときも。

考えているとき、外側からは分かりません。
パソコンの前で座っていてくれれば分かるかもしれませんが、私たちが息子を見ている時はたまたまダラダラとした体勢の時ばかり。

息子には息子の事情がある。
今回もそう思いました。

ランキングに参加しています。
ポチッとしてもらえると嬉しいです
にほんブログ村 中学生日記ブログ 中学生 不登校へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント