プログラミング

不登校

今年のプログラミングスクール、すべて出席して修了

今年最後のプログラミングスクールも無事終了。気がついたら今年はすべて出席していました!こんなことは小6で登校渋りが始まって以来初めてのこと。息子、ようやく心が安定してきたのかな。私たちが息子の気持ちを最優先してから1年半。時間かかったけど、本当に良かった。
私のPython学習

Pyhton(パイソン)の勉強をYouTubeで始めたよ

勉強しようと思ってもなかなか行動に起こせない。これ、息子だけじゃなかった〜!私もだった!Pythonやろうと決めてからもう2週間くらいたっちゃったのに、全然出来てない。こういう時は取り敢えず強制的に少しだけやってみること。だから今日はYouTubeで動画視聴することにしました。
不登校

考えているけどなかなか一歩が踏み出せない。こういう時は第三者の力を借りたい!

児童精神科の先生が準備してくれた因数分解のプリント。もらってから2ヶ月立ちますが未だに1問も解いていません。やろうとは思っているようですが、いざ行動に移すのは別物。そこを乗り越えるエネルギーは親より第三者。児童精神科の先生にその一助をお願いしようかなと画策しています。
プログラミング

息子の脳を働かせるための動機づけとして私が考えること

中学校での勉強は成績を取るための勉強。いわばバーチャルな勉強。勉強をしている瞬間に実生活で役立つものはほぼ無い。でも中学を出てからの息子の勉強はより実践型。学んだ瞬間から役立つことが沢山ある。それはすなわち動機づけとして最適。
不登校

息子は一度スッカラカンになったからこそ知識欲旺盛なんだと思う話

中学校にはほとんど通っていない息子の頭の中に五教科の知識はありません。誰かに無理矢理押し込まれた知識もありません。ようはスッカラカンです。息子は今、スッカラカンで軽い頭だからこそ知識欲が旺盛なんだと思います。脳は錆びない。たとえ小中学校で不勉強でも。
プログラミング

N高に行ったら色々やってみたい息子に「N Code Labo」の体験会を紹介

N高に行けば色々なことにチャレンジできる!それを楽しみにしている息子に「N Code Labo」の体験会を紹介しました。紹介画面を見るなり目が釘付け。画面をスクロールし、内容をざっくり理解した途端「これやりたい!」と即答。つぎの週末も楽しみになりました。
プログラミング

大失敗!「勉強する?」って聞いちゃった

息子にもそろそろちゃんとした椅子を買ってあげたい。そう考えてオフィスチェアかゲーミングチェアかを迷った私。勉強やプログラミング時の姿勢や座り心地も求めるならオフィスチェア。そう考えて息子にどちらにするかを聞こうとした瞬間「勉強する?」って聞いちゃった。まだまだ修行が足りない私。
プログラミング

息子の目標が「ゲームプログラマー」から「プログラマー」なった話

不登校になった当初、息子の居場所はゲームの中だけ。だから息子はゲームから離れて仕事することは出来ない、だからゲームプログラマーになる、そう言っていました。ですが今ではゲーム業界に絞ると仕事の幅が減る、そう言ってもっと広い範囲で活躍できるようなプログラマーになることを目指しています。
不登校

「高校生」という言葉に照れ笑いをした息子

「高校生になる」という言葉に照れ笑いをした息子。でも中学生を飛び越えているというところでは無表情。不登校という現状に後ろめたさや罪悪感があるのかな。やっぱり触れられたくないのかな。もしかしたら、自分性の中でいつかはその問題に向き合わないといけなくなるかもしれないけど、今は明るい未来だけを見つめていたい。
不登校

算数ができなかった息子が今はプログラマーを目指している話

小学1年生で足し算引き算を必死に覚えた息子。小学2年生の九九を覚えた時に引き算を忘れました・・・orz。すぐさまそろばん塾へ入塾。3級まで取ったのに息子は相変わらず計算は苦手。それでもプログラマー志望で毎日プログラミング。計算できなくても大丈夫。未来は明るいよ。