勉強

不登校

考えているけどなかなか一歩が踏み出せない。こういう時は第三者の力を借りたい!

児童精神科の先生が準備してくれた因数分解のプリント。もらってから2ヶ月立ちますが未だに1問も解いていません。やろうとは思っているようですが、いざ行動に移すのは別物。そこを乗り越えるエネルギーは親より第三者。児童精神科の先生にその一助をお願いしようかなと画策しています。
プログラミング

マルチ脳?シングル脳?結局脳は興味のあることにしか働かないと思う話

息子と娘の脳の構造は全く違う、昔はそう思っていたけど実は同じだと気がついた。脳は好きなこと、興味のあることでしが働かない。娘は知識を課題をこなす行為が好き、増やす行為が好き、だからそつなくなんでもこなす。対して息子は興味の範囲が限定的。でもその部分での脳の働きは大したもの。
不登校

夫が息子にお金の価値について真面目に話をしたよ

エアコンの電気代について。暑い日のエアコンはただ部屋を冷やしてくれるのではなく、それによって私達の行動力を上げてくれるものでもあります。そこで行動が出来れば、そのエアコンに使われたお金は部屋を冷やすだけではなく、その他の付加価値も生み出す。それが活きたお金。
分子栄養学

コレステロールについて学んでみた① 〜コレステロールの役割〜

コレステロールといえば成人病を引き起こす悪いも因子の代名詞です。ですが本当にそうでしょうか。コレステロールが悪いんでしょうか。実はコレステロールは身体を正常に作り、保つ上で重要な働きを担っています。コレステロールについて勉強しましょう。
不登校

三歩進んで二歩下がったままだった息子が少し動き出した

停滞していた息子が再び動き出した。でも三歩進んで二歩下がるのは不登校児あるある現象。でも二歩下がっても良い。きっと残った一歩でも進んでいれば景色が変わる。見える景色が変われば意識も変わる。少しずつ少しずつ変化する。それが大切だと思う。
未分類

私の人生の主役は私!子どもの人生の主役は子ども自身!

子どもを宿したその瞬間から私の人生の主役は子どもになった。そりゃそうだ、生まれたての子どもは想像以上に手がかかる。自分のことはいつも後回し。それが成長してからも続いてしまい、いつの間にか子どもに私の理想を押し付けていました。
不登校

色んな道のりがあっても良いと思った話

社会に出てからも人は様々なことを学び続ける。仕事に必要なこと、人生を送る上で必要なこと。不登校であろうと通学していようと社会に出てからも学び続けることは一緒。ただ社会に出るまでの道のりが違うだけ。その道のりで自分なりの学び方を身に着けていけばそれで良い、そう思いました。
HSC

一人でいるのが落ち着く息子

コロナの自粛生活でお一人様時間がなくなっていた息子。ずっと家族といるので家庭でもエネルギーを少しずつ消耗していたようです。昨日は久しぶりのお一人様時間。お一人様時間で自分のペースを掴み、久しぶりに数学ができました。
HSC

学校再開後の子どもの様子に注意をしたい話

世界共通のコロナ禍。初めての長期休暇の短縮。授業数の増加。土曜日学校の復活。教育現場の余裕も子どもや家庭の余裕もどんどん削られる予定の今、きっとどこかで歪が生じる。それをいち早く察知するため、子どもの様子には普段以上の注意を払う必要があると思います。
不登校

一人暮らしをしたい息子

息子は度々一人暮らしをしたいと言います。もちろん今すぐではなく大人になってから。もしかして家が嫌いなのかな?そんなことも考えましたが14歳の頃の自分と置き替えて息子の気持ちを汲み取った結果、息子と娘から思わぬ同意を得ることが出来ました。 自立したい、チャレンジしたい、そんな息子と娘を応援したいのが今の私の親心です。