感覚過敏

不登校

感覚過敏を否定されると自己否定に繋がると思う話

音が気になる、匂いが気になる、そんな感覚過敏を持った人は少なくはない。でも少数派だから我慢するしか無い。ただ、その感覚を否定されたり、呆れられたりすると自己否定して周囲に合わせるしかなく、自分のこの感覚を憎らしくも思ってしまう。そう思わなくていい環境に行けたら良いのに、そんな風に思います。
不登校

感覚過敏とまではいかないけど、私も聴覚が敏感で苦しんでいる話

私は人の話声、モスキート音などが苦手。聞こえてしまうと集中力が一気に落ちます。でもそれを今までは「気にしすぎ」と言われてきました。そのたびに落ち込む私。でもその聞こえ方の違いが明確になった出来事が有りました。こんな単純なことで明確になるなんて思いもしなかった。
分子栄養学

コレステロールについて学んでみた② 〜善玉と悪玉とは〜

コレステロールが少ない人は癌になりやすい。コレステロールは必要なもの。なのにどうしてそのコレステロールに善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあるのか。その理屈を説明。「医学常識はウソだらけ」三石巌
不登校

息子と発達障害とHSC

息子は発達障害の診断は受けていませんが、発達の遅れ、HSC、その他特性を色々もっていると思います。でもなんであれ私が息子に対してすべきサポートは一貫していると思っています。息子が新しいことにチャレンジできる安心の多い環境づくり。まずはそこに徹すること、それが今できるサポートであると思います。
不登校

ゲームにのめり込みたくはないという息子 〜周囲の人間との認識のズレ〜

暗い場所でゲームをするのは好きじゃないから、ヘッドフォンをすると頭痛がするから、ゲームにのめり込みたくないからeスポーツはやらない。そう判断した息子。私たちから見たら十分ゲームにのめり込んでいると思う。でも息子は違う認識を持っていました。